肩幅ヒロシのご紹介

はじめまして、肩幅ヒロシと申します。ご関心いただき、本当にありがとうございます。

肩幅ヒロシ
肩幅が広くて、明るく元気な31歳
1987年にカタッツの子として生まれる

キャラ設定に迷走中。 
(参考)=> カタッツの子

略歴

2011年3月、上智大学大学院博士前期課程修了(数学専攻)。

2011年4月、新卒で株式会社ネクスウェイに入社し、5年間にわたって平社員を歴任。主に忘年会において、輝かしい功績を残す。もっと人のことを幸せにする仕事をしたいと、2016年3月末に退職し、保険業界に潜むペインの解決を目指して小さなことからスタートし活動中です。新しいサービスも準備中。

「日々、おいしいごはんを食べること」が人生において最も大事な目標。その日にやったこと、一緒に食べる人、料理の味や見た目の美しさ、雰囲気といった色々が揃っていないといけないので、なかなか難しい。

肩幅 5ways
私は以下の5つの考え方を大切にしています
1. 継続可能な努力をしよう

努力は大切です。そしてなによりそれを継続することが大切です。

努力なしでは成長しません。より充実した人生のために努力は不可欠です。しかし、継続できないような高負荷の努力をすると、その努力を続けられなくなったときに反動が出てしまいます。「もうどうにでもなれ」「どうせ自分なんて」と投げやりになってしまい、これまでできていた良い習慣さえもできなくなります。急激なダイエットをするとリバウンドしてしまうでしょう。少しでもいいので、続けられる強度で努力をしましょう。

私は、少しだけでも、続けられる努力をします。

2. Think big, start small

大きな目的を持つことや大きな目標を掲げるのは素晴らしいことです。そしてなによりそれに向けて踏み出すことが大切です。

目的とそのための目標こそが明日を変えていきます。目標は大きい方がいいです。しかし、忘れてならないのは長いマラソンであっても、スタートは1歩目からであるということです。目指すものに、とにかく1歩を踏み出しましょう。はじめることがかっこいい。

私は、大きな目的と大きな目標を掲げ、小さくともそれに向けて踏み出します。

3. できないこともやってみよう

自分にできることをコツコツすることは大切です。しかしできることだけで生きているとミスは減りますが成長も鈍化します。

達成したい目標があるとき、成したい事があるとき。そんな必要にかられたときこそチャンスです。できないこともやってみましょう。どうしたらできるのか考えるのもいいでしょう。できる人に聞くのもいいでしょう。本屋に足を運んでヒントを探すのもいいでしょう。できないことができるようになることは素晴らしいことです。

私は、できないことにもチャレンジします。

4. 笑って笑って笑おう

笑顔は伝染します。それは幸せの伝染です。そして元気になります。元気は力の源です。

「笑う門には福来る」です。お客さま・取引先・会社の仲間・友人・家族と笑顔で過ごしていきましょう。パフォーマンスを最大限に発揮するには元気でいることが大切です。

私は、笑って笑って笑っていきます。

5. いろいろなことに感謝しよう

目に見えて何かをしてもらったときの感謝はもちろんですが、実は当たり前と思っていることへの感謝がとても大切です。

何かにチャレンジするとき、そして何かを成し遂げるときには外部からの支えが不可欠になります。決して自分の力が全てと思ってはいけません。多くの人や環境によって支えられています。道路がなかったらどうでしょうか。電車が毎日動かなかったらどうでしょうか。みんな知らず知らずたくさんの人に支えられているのです。

私は、いろいろなことに感謝をします。