Katahaba
Hiroshi

あの酒のつまみのように
味のある人になりたい