2018年7月10日 | カテゴリ:ブログ
フードロスを減らすReduceGOを使ってみた

学生時代にアルバイトを経験した多くの人が

「食べ物を捨てること」

に心を痛めたことがあるのではないだろうか。

飲食店で、閉店後に何キロものごはんを捨てたり・・・
コンビニで、売れ残ったお弁当などを捨てたり・・・

これに慣れてはいけない・・・
誰か集荷してくれないか・・・
食べられない人に送りたい・・・

と苦しんだ経験は今も忘れられなかったりする。

Reduce GO

ピカチュウでも捕まえに行きそうな名前のサービスが4月からスタートした。

月額2000円くらいで、飲食店で余ったごはんを1日2こまで、もらいにいけるというサービス!

素晴らしい!

使ってみた

1日2こもらえるなら、それだけで、生活することもありえなくもない!
それで2000円くらいだとしたら、1ヶ月の食費が2000円で済むじゃないか!
※ 1日あたり67円

素晴らしき貧テック!

というわけで、5・6月と2ヶ月間使ってみた。

主に、パン。

使ってみて出てきたのは
出てきたのは・・・パン!!

1日にパン2つでは。。。
なんとなく「2食分」と思っていたので、想定外!

=>1ヶ月の食費を2000円で抑えるという作戦には使えない。

パン、おいしかった

とてもおいしいパンだった。
ボリュームもあったし。

主に足しげく受け取りに行ったおいしいパン屋さんはこちら
=>ブーランジェリー ア・ラ・ドゥマンド

特にフレンチトーストめっちゃ絶品だった。

職場か自宅から歩いていける場所にあるお店が、
こまめにあげてくれるのであれば、アリ!という感じ。

そうでない場合は、、、ちょっと辛そう。

こまめにあげてくれるお店があるのは
本所・用賀・芝浦/田町のあたりだった。(2018年6月時点)

辛いときもあった

辛いときもあった。

梅雨時でもあったので、大変な日もあった。。。
売れ残るのは夜なので、パン2つという晩ごはんが続いた。
定休日もあるので、計算は狂った。。。

良かったこともあった

人に会うときにプレゼントしたらとても喜ばれた。
フードロスになりそうなところを人が喜ぶんだから素晴らしい。

僕は姉一家、両親と近居している。
毎日パンを食べることに飽きて、家族で持ち回りにして楽しんだ。
特に3歳のめいっこはすごく喜んだ。お土産はなんでも喜ぶお年頃?

「今日はどのパンが欲しい?」「このパンが欲しい」と
家族のコミュニケーションが増えるという意味でよかったと思う。

2ヶ月でぼくがもらったもの

甘いパン 11こ/しょっぱいパン 37こ/食パン 1斤/お弁当 2こ

これ全部で4000円くらいということになる。
まぁそれなりにお得!と思う!

しかし、暑くなってきたからとりにいくのも大変で、
とりにいける範囲の商品も減ってきてしまったので、
申し訳ないけれど、ぼくは解約してしまった。

はじめることがかっこいい

こういった取組みをビジネスにしようとして
はじめることがとにかくカッコいいと思う。

僕は、、、解約してしまったけれど・・・

すごくいいサービスだと思うので是非!


お得情報>>プロパンガスの料金比較で安くなるかも! エネピ エネピ エネピ

お得情報>>肩幅ヒロシは自動売買で寝ている間に資産運用 トライオート トライオート トライオート

お得情報>>肩幅ヒロシはウェルスナビでドルコスト平均法で長期積立運用 WealthNavi WealthNavi