2018年4月18日 | カテゴリ:ブログ
Badが大切

会社であれ、製品であれ、人であれ
Badを早めに知ることができると良好な関係になる。

人間関係で考えるとわかりやすいけど
Badを知らずに恋に落ちると、数年後に喧嘩の火種になってしまう。

Badを先に知っておくと、
心にゆとりを持って対応できたりしてスムーズに行ったり、
カバーしあったりできる。

Badを先に知る恋愛論

31歳のおっさんが恋愛論を語るのがかなりお恥ずかしいけれど、
アルファベットのABC順に進むととてもいい恋愛関係になる

A:認知する(Awareness)
B:悪いところをきちんとみる(Bad)
C:かわいいところをみる(Cute)
D:巨乳か(Dカップ以上)
E:いい感じになってくる(E感じ)
F:未来を描き始める(Future)
G:行く(Go)
H:Hする。
I:最後は愛に包まれる

Badはだいたいの場合は一生モノで、
他は衰えていくので、Badとの付き合い方が最も重要。

ちなみにEまで進んでしまうとBが見えづらくなる。
Eまで進むことを焦らずに、Bをきちんと見たり聞いたりしておこう。

Badをきちんと伝える紹介論

人や会社を紹介するときに、
本気であれば本気であるほど
Badをきちんと伝えるようにしている。

それが後からわかってしまうと、
ギクシャクするからだ。

転職を検討中の人に紹介する会社について、
きちんと悪いところを自分なりに伝えるし、

採用活動中の会社の人に対して紹介する人についても、
きちんと悪いところを自分なりに伝えてる。

ただ、この姿勢をきちんと事前に伝えないと、
不快にさせてしまうので、注意が必要。

Who’s bad…


=>ティーエイト ステーキハウス 恵比寿
コースのメイン!飲み放題が安くて充実してるのも嬉しかった!


お得情報>>プロパンガスの料金比較で安くなるかも!